撮影日 2020/5/22

戦地では車を止めるな子供でも轢き殺せ

        ※アメリカ軍教え

俺の名前は ヘイゲン・モニカ
自然発生的に戦地にわくアメリカぐんじんだ

サンタネグロ州カースカロライナの出身者で構成された通常部隊だ

家近いほうが話しやすいでしょとの軍部の気配りだ
適当なやつと組みを組まされたハイスクールとは大違いだぜ
今 米軍は空前のストレスフリー時代だからな
圧迫教育は廃止されつつあるんだ

隣にいるのが相相愛棒のフレキシブル・ニシモリ日系87世のインディアンだ
「侍の心だ」と言って忍者頭巾を取らない 流石だぜ」
インディアンの血はどうでもいいらしい

​俺たちは今 輸送任務の真っ只中だ 

カツン

​おや? ビークルが何かにぶつかったぞ

フレキシブルが俺に言う
「おい、ヘイゲンこれじゃあ車が動かせないよ 見てきてくれまいか」

「あぁ わかったよ恐らく丸太か何かだろう 

  前見てなかったから見逃したんだな」

バタン、車を降りた俺はドアを締めながら

教習所で受けた教えのどれかを思い出そうとしていた
確かこういう時に気おつけることがあったはずだ


「岩ですね 丸太じゃ無かったヘイゲンハズレー」

「(メ・ん・)?」

ヒョコ・・・

「あ、(察し)」

​俺は頭が真っ赤になった

「いかん。イカンのですよ〜」

​踵を返し走り出す まだ心臓は飛び跳ねてない

でも数秒もすれば対峙した衝撃で早鐘を打つだろう

「ヘイゲンっ ヘイゲン〜!! 奴がでた〜」

なんてイカレタ目をしているんだ  感情のない真っ赤な丸い目

                 ​人殺しの目だっ

ギゴガギゴゴ

〜俺の背後で奴の姿が 本性へと変わる音がする〜

​今まで何十 何千と生き物を食らってきた目だ  まともじゃねぇぜ 

ピガ━━━━!!

こんな目をした生物を作るなんて神様はどうかしてるぜ チュパカブラ

「フレキシブル!! フレキシブル早く車入れて! ていうか車出して!!」

「フレキシブル!?」

「し、、死んでる」

ガタゴトと音がして屋根の上を見る

​「う、うわぁ━━━━!!」