top of page
撮影日2019/11/26

疾风战神:ゲイル(物語)
ジーフォンジャンセン

「朝焼けの戦士と蒼天の騎士」

〜遥かなるときの中での物語〜

開幕編

メーカー名:梓育玩具

战车模式
全新升级超炫造型
变形战神
DEFORMATION
TRANSMUTES
VIVID AND GREAT IN STYLE

鍛錬が終った
清々しい朝日であった
「夜の方が涼しいし.やる気が出る」
そう相方が言ったのだ
突然の事であったが以前から蒸留アイオソトープ(酒)の勢いで某(なにがし)かを提案してくる事はあった
今宵はアイオソトープでは無く上質のエネルゴンが手に入ったので夕刻から盃を交わしていたのだ

「此度の案は有意義であるな」
これに付き合わねば侠(オトコ)では無い
その結果.夜通し剣を打ち合う羽目になった
すっかり蒸留エネルゴンが抜けてしまった
しかし、体からは心地よいオイルが流れている
私の名のようなダイダイ色の朝焼けに
あ奴の名の様な蒼天の空が混じっている
オレンジとコバルトブルーが交じり合う白濁とした空に我らを重ねた

音楽をかける?

「なぁ今朝はビークルモードで帰らないか」

奴が我に言った
われの目を真っ直ぐに見つめて喋る
此奴(こやつ)の眼差しはいつもこうだ
首筋に僅かであるが擽(くすぐ)ったさが走る

PB292630.JPG

『この、むぐったさはなんなのだ』
我はワレの胸中(きょうちゅう)に問いかける
トルクを上げる鼓動、胸のエンジンに焔(ひ)が付いている様であった

PC022767.JPG

「ハハハ、そうであるなぁ最近は鍛錬の為、ずっと変形していなかったな。」
「そうだ同腹よ先日、赤紙が来たであろう」
あぁ思いつめている雰囲気を感じていたが、その事が原因であったか...

PB292646.JPG

「いよいよ我らが武を戦場にて披露する事ができるな」
ふむ、その声色から心を察するに緊張はしていないようだ
「あぁ、そうだな我とて同じ想いだ」

PB292647.JPG

セイバートロン人の内戦は数億年も続いているが戦の規模は宇宙全体から見れば小さく、死傷者も滅多にでない為

武人達にとっては格好の腕試しの場で有るのだ。我らもこの日を待ち望んでいた

「・・・・・・・」
奴は突然何も語らなくなった。
やはり緊張しているのか。

PC022768.JPG

同腹は黙して語らず..

「ふ、ナイーブになっているのか、お主らしくも無い。」
いかん、我の声に動揺が滲んでいる
朝霧でウィンドゥが湿ったからではない
なぜだ何故私のエンジンは回転数を上げているのだ

PB292648.JPG

リアゲート(バックドア)に視線を感じる

PB292649.JPG
PB292651.JPG

さぁ!!! セックスの始まりだ!!!!!

PB292652.JPG

「遇(グ)ゥ!..鵡(む)ぅん・・・おぉぉぉん!!!!」
スパークプラグが火花を散らす
奴の....蒼のスポーツキャタライザーがマフラーを通しインストールメントパネルへまでも侵入してゆく
ワレの車内(なか)が奴の排気管の形に変わっていく
奴のマフラーの形を覚えてしまう

覆いかぶさってきたドアミラーに同腹のあえずった吐息がかかる

メリッと音がし、一瞬
.  サっと血の気が引いた
不安の原因は配管が裂けたかと思った事だけが原因ではない
もしワレの排出機関(マフラー)が破損してしまっては
こやつを受け入れられなくなる、その自体を恐れたのだ

幸いジョイントの口径が少し合わなかっただけだ、軽い白化で済んだようだ

PB292654.JPG

車体を大きく引き、戻す! 再び突き出す!! スパイクを繰り返す
衝突安全ボディでなければ変形は免れなかっであろう
ピッチングとローリングも織り交ぜてゆく

・・・・・・・・疾风战神:(橙)の車内は全てを飲み込み壊れることもない・・・・・
『こやつ、受身が巧みすぎる』

先走り武侠汁(ぶきょうじる)が滲み出す

PB292653.JPG

奴のバンパーからウィンドウォッシャ(あせ)が滴り落ち、フェンダーを濡らす
揺さぶられドアパネルが激しく開閉し
それに釣られ、ドライブシャフトが自然と熱を帯びていく....

どれほど時が流れただろうか
サスペンションが一定のリズムを刻み続ける
まるで世界に奴と我の二人だけしか存在し無い様に感じる
ダウンサイジングターボは今にも爆発するかのように唸りコンプレッサーを回し続ける


タイヤホイールはパンク寸前、今すぐ変えたいよ

PB292654.JPG

「オ・・オぉぉぉン・・オォォン・・・ヲォトバック素ーーーーーーー!!!」
ドクドクと無鉛プレミアムガソリンが車内へ流し込まれてゆく
我らは同時に達してしまった

グイグイ
心地よい余韻に浸る我らを何者かが揺さぶる

PB292659.JPG

尻を揺さぶる者 ソレハ.............
ダーリンドゥーである!!

PB292658.JPG
PB292656.JPG

「あんたら微温(ぬる)いファックしているね! アタシが手伝ってやるよ坊や達」
達した、ばかりだと言うのに強制的に前進後進を繰り返させられる
刺激が強すぎ若き武侠には耐えられない

 

 

「「あひぃ やめてぇぇ.......」」

PB292660.JPG

「こんなの、..こんなの未知の刺激だよぉーーーー」

PB292661.JPG

そこへ一匹のペガサスが黒いランボルギーニに乗り現れる
「ねぇ ダーリンドゥー、それどうしたのさ?」
「あぁレインボーダッシュ、森の中でマグワってたからね

いっちょまえになるように仕込んでるのさ」

PB292662.JPG

「フーン僕のホットロッドも混ぜてよ

今ランボルギーニ種の繁殖期でさぁ」
そう言って自分が乗っている、黒い車体を指す

PB292663.JPG