撮影日2019/11/26

疾风战神:ゲイル(物語)
ジーフォンジャンセン

「朝焼けの戦士と蒼天の騎士」

〜遥かなるときの中での物語〜

開幕編

メーカー名:梓育玩具

战车模式
全新升级超炫造型
变形战神
DEFORMATION
TRANSMUTES
VIVID AND GREAT IN STYLE

鍛錬が終った
清々しい朝日であった
「夜の方が涼しいし.やる気が出る」
そう相方が言ったのだ
突然の事であったが以前から蒸留アイオソトープ(酒)の勢いで某(なにがし)かを提案してくる事はあった
今宵はアイオソトープでは無く上質のエネルゴンが手に入ったので夕刻から盃を交わしていたのだ

「此度の案は有意義であるな」
これに付き合わねば侠(オトコ)では無い
その結果.夜通し剣を打ち合う羽目になった
すっかり蒸留エネルゴンが抜けてしまった
しかし、体からは心地よいオイルが流れている
私の名のようなダイダイ色の朝焼けに
あ奴の名の様な蒼天の空が混じっている
オレンジとコバルトブルーが交じり合う白濁とした空に我らを重ねた

音楽をかける?

「なぁ今朝はビークルモードで帰らないか」

奴が我に言った
われの目を真っ直ぐに見つめて喋る
此奴(こやつ)の眼差しはいつもこうだ
首筋に僅かであるが擽(くすぐ)ったさが走る

『この、むぐったさはなんなのだ』
我はワレの胸中(きょうちゅう)に問いかける
トルクを上げる鼓動、胸のエンジンに焔(ひ)が付いている様であった

「ハハハ、そうであるなぁ最近は鍛錬の為、ずっと変形していなかったな。」
「そうだ同腹よ先日、赤紙が来たであろう」
あぁ思いつめている雰囲気を感じていたが、その事が原因であったか...

「いよいよ我らが武を戦場にて披露する事ができるな」
ふむ、その声色から心を察するに緊張はしていないようだ
「あぁ、そうだな我とて同じ想いだ」

セイバートロン人の内戦は数億年も続いているが戦の規模は宇宙全体から見れば小さく、死傷者も滅多にでない為

武人達にとっては格好の腕試しの場で有るのだ。我らもこの日を待ち望んでいた

「・・・・・・・」
奴は突然何も語らなくなった。
やはり緊張しているのか。

同腹は黙して語らず..

「ふ、ナイーブになっているのか、お主らしくも無い。」
いかん、我の声に動揺が滲んでいる
朝霧でウィンドゥが湿ったからではない
なぜだ何故私のエンジンは回転数を上げているのだ

リアゲート(バックドア)に視線を感じる

さぁ!!! セックスの始まりだ!!!!!

「遇(グ)ゥ!..鵡(む)ぅん・・・おぉぉぉん!!!!」
スパークプラグが火花を散らす
奴の....蒼のスポーツキャタライザーがマフラーを通しインストールメントパネルへまでも侵入してゆく
ワレの車内(なか)が奴の排気管の形に変わっていく
奴のマフラーの形を覚えてしまう

覆いかぶさってきたドアミラーに同腹のあえずった吐息がかかる

メリッと音がし、一瞬
.  サっと血の気が引いた
不安の原因は配管が裂けたかと思った事だけが原因ではない
もしワレの排出機関(マフラー)が破損してしまっては
こやつを受け入れられなくなる、その自体を恐れたのだ

幸いジョイントの口径が少し合わなかっただけだ、軽い白化で済んだようだ

車体を大きく引き、戻す! 再び突き出す!! スパイクを繰り返す
衝突安全ボディでなければ変形は免れなかっであろう
ピッチングとローリングも織り交ぜてゆく

・・・・・・・・疾风战神:(橙)の車内は全てを飲み込み壊れることもない・・・・・
『こやつ、受身が巧みすぎる』

先走り武侠汁(ぶきょうじる)が滲み出す

奴のバンパーからウィンドウォッシャ(あせ)が滴り落ち、フェンダーを濡らす
揺さぶられドアパネルが激しく開閉し
それに釣られ、ドライブシャフトが自然と熱を帯びていく....

どれほど時が流れただろうか
サスペンションが一定のリズムを刻み続ける
まるで世界に奴と我の二人だけしか存在し無い様に感じる
ダウンサイジングターボは今にも爆発するかのように唸りコンプレッサーを回し続ける


タイヤホイールはパンク寸前、今すぐ変えたいよ

「オ・・オぉぉぉン・・オォォン・・・ヲォトバック素ーーーーーーー!!!」
ドクドクと無鉛プレミアムガソリンが車内へ流し込まれてゆく
我らは同時に達してしまった

グイグイ
心地よい余韻に浸る我らを何者かが揺さぶる

尻を揺さぶる者 ソレハ.............
ダーリンドゥーである!!

「あんたら微温(ぬる)いファックしているね! アタシが手伝ってやるよ坊や達」
達した、ばかりだと言うのに強制的に前進後進を繰り返させられる
刺激が強すぎ若き武侠には耐えられない

 

 

「「あひぃ やめてぇぇ.......」」

「こんなの、..こんなの未知の刺激だよぉーーーー」

そこへ一匹のペガサスが黒いランボルギーニに乗り現れる
「ねぇ ダーリンドゥー、それどうしたのさ?」
「あぁレインボーダッシュ、森の中でマグワってたからね

いっちょまえになるように仕込んでるのさ」

「フーン僕のホットロッドも混ぜてよ

今ランボルギーニ種の繁殖期でさぁ」
そう言って自分が乗っている、黒い車体を指す

「いいよ、入れな! ほらアンタ達開けな」
ピシッィ っとリアバンパーを叩かれる
車体が仰け反り

「ひぃん」と思わず情けない声を出してしまった

「よっとぉ! それじゃあ失礼するよ、お二人さんっ!」
気風(きっぷ)のイイ声でホットロッドが割り込んでくる
パンパーからサンルーフの上までバックで上がってきた
まるで犯されているようだった
しかし我はこの事態に興奮していたのだった!


「「「ぐぅぅぅぅ....男色カーロボ三兄弟ィ!! 惨状合体であるぅぅぅぅ」」」

「いい加減にしろ━━━━!!」
空から舞い降りてきた肉体美、ロックダウンだ!

ウィンシェンシャンセン:サン                                     

变形战神:蒼〔トランスフォーム!! 来たぜ兄弟!!〕

〔うむ.ネクストシークエンスではお主のことを紹介しようぞ

〔其れは張譲!!.我が艶姿 存分に披露いたそう!〕

「ぐぇぇぇぇ」三者は今 正に三射となろうとしていたのに・・・
絡み合う三車に対して鋭角な毒針エルボードロップが炸裂する

なぜ彼が、このような行為に至ったのか、説明していこう!

「ふぅ若手ゲイに付けるインタークーラーは無いな...」

世界は今変革の時を迎えようとしている
車泄来巣(カーセックス)の若年化である!
知識の少ない若人が感情に従いジョージにペニーSUワイズしてしまう現象なのである
それを感じたら子房(しぼう)と格言があるように
経験の少ないものが新世代マシーンを創造してしまうのだ
現在セイバートロン議会では「若者にどこまで性教育を行うか」が1919年に渡って議論が繰り広げられている
周囲に頼りになるハローカボトの様な大人がいて14年落ちの創造主(はは)となった例もある
しかし、そのような環境を持つ者は少なく大抵はセイバートロン人のような戦争を繰り返す蛮族しかいない
特にセイバートロン人のキチガイ度は高く産まれてくる子は直ちに戦闘行為へと投入される
だからこそ、不幸な超ロボット生命体トランスフォーマー!!!(および金属生命体)が誕生する事のないように
ロックダウンのような冷静な判断ができる特務兵泄来巣助言的来訪者(とくむへいセックスアドバイザー)が必要なのだ
彼はこの仕事を072年務めるベテラン、セックスアドバイザーである

主にランボルギーニをスキャンした者が対象だ

つい最近の大仕事は自由の名の元に無責任な生産を象徴するオプティマスプライムを補導連行監禁したばかりだ
デバスターも公共の場で睾丸2個をぶら下げていたので超遠距離からのレールガンで粉砕してきた
勿論、破壊したのは睾丸のみで本体のビルドロンメンバーは無事である
悶え苦しんでいたが知った事では無い

「さぁお前ら解ったら解散しろ! 家に帰ってからミッチリと性教育だ」

こっそり立ち去ろうとしていたホットロッドも逃さない
「お前もだぞっ ホッドロッド、ランボルギーニ族の恥さらしメ
 こいっ 教育してやる、イカレ暴走族」

『っえー・・・・俺もかよ来たばっかだぜ俺』

「仕方ない、知性を有する生命体として先達の性教育をキチンと受けよう」
「うむ、ただ肉欲の赴くままにセックスをしていては獣と同然」
「あぁそうさ! ただしい知識がなくては、相手も自分も家族も傷付けてしまうかもしれない」

「判ったようだな、お前達 そうだ学ばせると言う事は大事なのだ
 ただ避妊具を渡して終わりなどという馬鹿な行為は教育とは言わん」
「性的な物を只管に避けるだけの思考停止したバカ親や学校にはなりたくないですねーコックダウンさん」

「ああ全くだともエミール」

ハハハハハハハハハハハ 一同の笑いに包まれた




皆が去った後、暗がりから現れる影があった

がさごそ

「・・・・・・・・・」

「なぜなんだ・・・・・」呟く黄緑色のランボルギーニの肩へ

ぽんと、慰めるようにウサギが手を置く

「なぜだぁ〜〜〜 なぜ吾輩は乱パに呼ばれなかったのだぁ〜」

「吾輩も〜〜ランボルギーニなのにーーー」
「諦めないで今回は運が悪かったのよ 次はガチハメできるわよ」

「つぎぃィィィ、次って何時でござるがぁぁぁ 何時何分何秒後?
 ガイアユニクロンが何回回ったときぃー???」
「黙れ...」 うさぎが
殺気を放つ 森の生命がシン...と静まり返った。

「このままずっと吾輩は33過ぎても童貞なんです?」切なく問いかけるランボルギーニにウサギが優しく語りかける
「帰ろぅ...今日はもうかえろぅ」

「なんやお前泣いとんのんか?  大丈夫 ダイジョブやから...ナ...」
 黄緑色のランボルギーニは慰められながら茂みへと去っていった
 

ツガイになれず、あぶれる者もいる。

自然とは、そういうものだ

朝焼けの戦士と蒼天の騎士」
〜遥かなるときの中での物語〜
開幕編

 

書いたのわねこの人↓

開幕編終わり

​.....もちろん続かない

#中国玩具.#トランスフォーマー.#Transformer.#変形ロボット.#フィギュア撮影友の会.#おも写 #ジオラマ.#情景模型.#写真で奏でる私の世界

中国玩具レビュー.#トランスフォーマーレビュー.#Transformerレビュー.百变机兽之洛洛历险记レビュー.飓风飞鹰レビュー.ロロの冒険レビュー

#キリトリセカイ.#ファインダー越しの私の世界.#インテリア.#ジオラマ.#現代アート.#ハンドメイド.#モルタル

9Fo_BCd0_400x400.jpg