蒼宝 犬と僕ラ前編

Satsuei-bi
2019/05/13

雪の降る日の物語

P5119294.JPG

BGMをかけてね

買った場所はね

JQ.JPG
P5119299.JPG

............高い草を掻き分けた

     ​深い所

P5119301.JPG

今わ もう使われていない

古い土地

P5119293.JPG

わんわん

P5109291.JPG

そんな所に一匹の

ワンちゃんが

​いました

ずっと一人で

暮らしていました

​雪の降りしきる日でした

P5119303.JPG

「もし....もし...」

ボヤけた電灯に声が微かに照らし出される

「誰だワン?」

犬は辺りを聞き見渡します

「こちらです、 貴方の事をずっと見ていました」

照れるわん///

わんわん

​どなたかワン?

私はコンボイ司令官だっ!

がららら

と扉が開け放たれた

​​彼 オスティマスマスサプライズは

​こう僕に言った

それが僕とあの人の

​出会いだった

​{私の犬にならないか?}

それから数年の月日が流れた

僕「蒼宝」は軍人の仲間と共に日々を過ごしていた

​  そして......雪の季節に............

グリムロックより早〜い

グリムロックとは誰のことだろう

​僕に乗ると決まってそう言う

そんな時、通信が入ったんだ

​基地がゼノモーフに襲われているって

大変大変(A;´・ω・)

急いで向かわなくちゃ

嘆き悲しむことは無い....

司令官 だいじょぶかワン?!

​ついに この日が来たか

僕が戦うんですね

司令官はコクリと頷いた

​戦士としての歓喜に包まれた 蒼宝 の顔は凛々しかった.....

9Fo_BCd0_400x400.jpg